更新日:2016/06/25

会社員が新生銀行で住宅ローン審査を通すには

 

一般の会社員や公務員の方が、分譲マンションの購入や、土地を購入して一戸建てを建てるために、 新生銀行で住宅ローン審査を通すには、まず、あなたの会社員や公務員としての勤務実態をキチンと示さなければいけません。一般の会社員や公務員の人にとっては、源泉徴収票が、その証明になります。 また、確定申告をしている人は確定申告書でもよいでしょう。定期的な収入があることこそが、新生銀行の住宅ローン審査を通すことにとって、大事なポイントなのです。物件の価格に対しては、頭金が1割から2割あることが理想とされています。その頭金があることを示すのも、住宅ローン審査を通すもう一つのポイントになります。借入金額を少なくすることができるからです。

次に借り入れる額についてです。一般的には、借入できる金額は、年収の3分の1から4分の1の最長35年分といったところになります。住宅ローン審査は、なるべく低金利で借りることも重要です。一般的に変動金利の方が、金利が低く設定されていて一瞬魅力的に見えますが、金利が高くなるリスクがあります。固定金利の方が長期的な見通しが立てられる分、安心して借りることができます。 この辺の金利選択は、よく考えなくてはならないことです。こうして考えくると、自ずと、借入できる金額が算出できると思います。それにあわせて、物件を選ばなくてはなりません。 無理のない返済を念頭において、住宅ローン審査を受けてみましょう。

 

新生銀行住宅ローンの審査基準

住宅ローンの長期化

 

住宅ローンは長期的なものの上に借入額も高額なもの。返済中に経済状況や収入額が変わることもよくあることです。そこで、「住宅ローン借り換え」という便利な制度があります。金利が2重になってしまったり、支払い期間が延びるだけではないのか?得することが出来るのか?など思われるかもしれませんが、情報収集を行い、きちんと比較をして計画を立てれば、家庭の要望にあった返済をしていくことが出来るようになります。また、借入額が多い住宅ローンだからこそ、金利変動によってお得になる事も多いのです。では借り換えを行う際、いかにお得に自分にあうものに乗り換えられるか。その為には、「借り換えの目的」をはっきりさせることが大事です。

例えば・・・。
◆総返済額の軽減
◆金利変動のリスクを少なくしたい
◆月々の返済額の軽減
など、だいたいの目的はこの3つの目的に分けられるのではないでしょうか?「総返済額を重視」するのか、「月々の支払額を軽減したい」のかは特に、どちらかしか得られないことが多いパターンだと思われます。両方の効果を得られることもありますが、「総返済額を軽減すれば、金利は下がるが月々の返済額が増える」「月々の返済額を軽減させれば、金利が上がり総返済額が増える」などのパターンの方が多いと思われます。目的が揺らいでしまうと、思っていた効果が得られなかったり、支払いを続けていくことが困難になってしまうこともあるでしょう。

経済状況や家計をしっかり把握した上で、しっかりした目標を決定する事が大切です。今回は、一番大切なこと。「借り換えの目的を決めること」について書いてみました。住宅ローンの資料を見ていると、基本であることを忘れてしまいがちですが、ひとつずつ段階を踏んで進めていきましょう。住宅ローン借り換えと同時に自動車ローン審査をされる方は気を付けた方がいいでしょう。次回は、目的が決まった次にすることを書いていきます♪

 

自動車ローンの審査、諦めるのはまだ早い!必勝サイト

 

先日、長年、探していたイタリアの旧車が見つかり、 迷うことなく契約することにしました。 ただ、キャッシュで購入できる金額ではなかったので、 自動車ローンを利用することにしました。 販売店が勧めるローン会社は審査が厳しいと聞いたことがあるし、 金利も高そうなので、ここはいったん引き上げることに。 そこで、自動車販売会社を経営している親せきの伯父に、 「審査の通りやすい自動車ローン会社を紹介してよ!!」 と相談に行きました。 伯父は親せきとはいえやはり経営者です。 もちろん、すぐには教えてくれるはずもなく。 「なぜ、審査が通らないかもしれないと不安なんだい?」 と逆に質問されてしまいました。 他のお客さんにも、度々、同じような相談をされることがあるのだと、 伯父は言っていました。 その時、必ず伯父は、その不安となる原因を聞くのだそうです。 個人情報なので、そうそう本当のことを話す人も少ないようなのですが、 ここできちんと、販売店の人に話しておいた方が、自動車ローンの審査が 確実に通るローン会社を紹介できるのだと伯父は教えてくれました。

僕にも当てはまるケースがあるのですが、大概のお客さんの不安要素は、 ・ 過去に支払いが遅れたことがある。 ・ 以前に審査が通らず申し込みを断られた。 ・ 催促状を無視し続けてしまったことがある。 ・ 現在、他にも借り入れがある。 などの理由が多いそうです。 僕は伯父に紹介されたローン会社で、 無事に自動車ローンを組むことができました。 が、お金がらみの相談はなかなか他人には相談しづらいものですよね。 自動車を購入する時、自動車ローン審査で悩んだ時に 自動車ローンの審査というサイトは、 とっても役に立つから覚えておきな、と伯父が教えてくれました。 何件かのローン会社に断られてしまった人も、諦めるのはまだ早いですよ! ぜひ、このサイトを活用してみてください。 憧れの愛車生活はもうすぐ目の前です!!